神宮外苑絵画館日本画教室

東京新宿区、神宮外苑絵画館日本画教室のブログです。伝統的な日本画の技術を学びながら、よりよい絵に近づけるよう制作をしています。初心者はデッサンから日本画の基礎を学べます。絵を描く喜びを感じていただければ幸いです。初心者クラスも開設。受講生募集中。講師:前本利彦

神宮外苑絵画館日本画教室 

f:id:nihonga:20160607101740j:plain



 


 

 

 

 

日本画を始めてみたい方募集しています

 

日本画に関心があり、日本画を自分でも描いてみたいと思っている方
思い切って日本画を始めてみませんか。
全く初めての方でも始められます 
 
この教室は開設してから十年目になります。神宮外苑の樹々に囲まれた
伝統ある絵画館の 広々とした綺麗な教室で学べます。
 
 
 
 
 

f:id:nihonga:20170723122915j:plain

 

 

 

 

日本画は日本で独自に発達してきた絵画です。日本の風土の中で 四季折々の花や風景を日本人らしい感覚で絵にしてきました。岩絵の具という粉末の絵の具を使い 毛筆で和紙や絹に描かれています。

 

 

 

 

 

 

f:id:nihonga:20160406205258j:plain

 

 

 

 教室では 初めての方は花のスケッチから学びます。鉛筆の線を使って花の形を描き 色鉛筆で色を塗りながら花の感じを出していきます。

スケッチに慣れたら 徐々に岩絵の具の使い方を学びます。

 

 

 

              主な指導方針

 

繊細で美しい日本画を学ぶことは 自然や名画を見る目が成長し 心の糧となることと思います。日本画には長い歴史があり 世界に類のない美しさを持つ絵画なのです。

そんな日本画の描き方と 心を学ぶことができますように願って指導しております。

 

日本画を描くのは始めてという方にも 初歩的な方法から少しづつ段階を追って 理解できるようにじっくりと丁寧にお教えするよう心がけています。日本画は初めて 絵を描くのも初めて とおっしゃる方でも興味をお持ちになって続けていくことで 次第に日本画の世界へ導かれてゆけるようにご指導致します。

 

日本画を観るのも良いものですが 日本画の材料を実際に手に取って 筆や岩絵の具の感触を体験し 自ら描いて美を創り出すことは 何物にも代えがたい喜びとなることと思います。日本人の生み出した伝統ある絵画とはどんなものなのか 日本人独特の感性とは一体どの様な特色を持ったものなのかといったことを 描くことを通じて感じて頂ければ幸いと思って居ります。現代は失われつつある貴重な日本画の古典技法を守り 伝えてゆくことを願って止みません。 

 

 

 

 

 

             教室のご案内

 

 

 

*教室は 木曜日クラス・土曜日クラス・日曜日クラスの3クラスがあり ご都合のよい曜日を選んで入会することが出来ます。またその月 のご都合でどのクラスへの お振替もご自由ですどのクラスも初心者から経験者まで幅広いキャリアの方が学んでいます。その方のペースに合わせた丁寧な指導を心がけていますので 初めての方も ご自分のご都合のよろしいクラスへご入会ください。

 

 

 

               教室風景

 

   f:id:nihonga:20171118173756j:plain

 

 

 

   f:id:nihonga:20171118173957j:plain

   

   教室はゆったりとしたスペースがあり 教材を気兼ねなく広げることが

   出来ますし 各自のペースで落ち着いて制作出来る申し分のない環境で

   す。教室ではいっせいに課題を描くことはございません。各自描きたい

   モチーフを選び 自由なペースで制作を進めます。講師が各机を回って

   指導を行い 疑問点などにお答えし技法や表現方法などをアドヴァイス

   致します。初めての方の どの様なご質問にもお答えいたしますのでご   

   安心下さい。教室の方々の作品に 講師の寸評を添えて紹介した「作品

   紹介」をご覧頂くとご参考になるかと存じます。

 

     

        f:id:nihonga:20170605195211j:plain

 

 

教室は月1回です(おおむね月の最終週の木曜日・ 土曜日・日曜日ですが                                                 その他の週に変更になる場合もあります。変更は三ヶ月     

              前にお知らせします。)

     

 

     

                         2019 年・ 令和元年6月の教室

 

              ✬   6月27日  木曜日クラス

              ✬   6月29日  土曜日クラス

              ✬      6月30日  日曜日クラス          

     

 

 

        2019年・令和元年の日程は次の通りです

 

f:id:nihonga:20181202134929j:plain

この様なスケジュールで教室を開催致します。教室のご見学はスケジュールに沿って

お電話 又はメールでお申し込みください。

 

見学の方へ : 見学にいらっしゃる方は 12時40分にお越 

           し下さい。 

        昼食後の12時40分から 講師がご説明を致   

        します。ご質問にもお答え致します。

            ご不明の点がございましたら お気兼ねな   

        くどのようなことでもお聞き下さい。  

          午後の授業は1時から始めますので教室の様

        子などを ご自由にご覧になれます。         

          

        

時間・月会費・用具・場所・問合せ先は次をご覧下さい。

 

 

 

*時間:10:00a.m.~16:00p.m.

                     (お昼休み 12:00~13:00)

 

 

*月会費:8,000円 入会金はございません。

              教室にいらした月のみ申し受けます。          

 

 

*用具:初心者の方は 下記のスケッチ用具を各自で揃えて頂きます。

 

     ◍初回にご持参頂くスケッチの為の用具です 

 

       ・スケッチブック F6号 (HOMO DRAWING BOOK  MuseF6)

                          ・鉛筆 H・HB・2B・3B・4B(ファーバーカステル、ステットラー)

       ・色鉛筆 24色以上 (ホルベイン・アーチスト色鉛筆)

       ・ねり消しゴム  (イージークリーナー)

       ・鉛筆削り器 カッターナイフ

       ・初回にスケッチする 花一輪 単純で描き易い形のお好きな花

       ・花瓶 スケッチする花を活けるための軽便なもの プラスチック等

                            <世界堂 参照>

        

       注:お持ちになる

         花も葉も 枚数の少ない余り小さくないもの 細かい花が沢山付い     

          たものや 葉に細かいギザギザがあるものなど複雑な形は描きにく                    

         いので避けた方がよろしいと思います。花瓶は描きませんので挿し   

          た花が倒れないようなものならペットボトルでも構いません。

 

 

f:id:nihonga:20170104171402j:plain

 

 

     ◍岩絵の具を使うようになりましたら 日本画用具セットが必要になります

      詳しい内容はその際にご説明致します。

 

        ・日本画用具セット 約 28,000円 

                           注:価格は多少の変動がございます。

 

 

*場所:〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町1番1号  

      明治神宮外苑聖徳記念絵画館 1階

    

 

         最寄駅: JR  「信濃町駅

           地下鉄 「青山一丁目駅」 

               「外苑前駅 

 

 

              教室の場所を記した見取り図です。

f:id:nihonga:20180301175812j:plain

 

    正面玄関入口

    f:id:nihonga:20180301181156j:plain

 

    通用門入口

    f:id:nihonga:20180301180751j:plain

 

 

*お申し込み お問い合わせは

 

           お問い合わせ先

            TEL & FAX : 0551-38-0385

             携帯電話:080-4435-8741 

                    E-mail : maemoto710@outlook.jp

 

 

 

*お申し込みの際は お始めになりたいクラスを (例:3月25日の日曜日クラス)

 お知らせください。

 

 初心者の方は当日 午前十時にいらしていただければ ご入会手続の後すぐに 

 花のスケッチを始めて頂けますので 前出の持ち物リストの用具をお持ち下さい。

 

 経験者で すぐに日本画の制作から始めたい方はその旨を合わせてお知らせ下さい。

 

 

 

  ご不明な点などは いつでもお気軽にお問い合わせください。

  又 お気づきの点などもご遠慮なくお申し付けくださいませ。                 

 

               f:id:nihonga:20160406205233j:plain

 

 

 

    **  第二回 神宮外苑絵画館日本画教室展

 

 

f:id:nihonga:20180427203837j:plain

 

世田谷美術館 区民ギャラリーで 2018年・11月27日~12月2日 開催された展覧会は

無事終了致しました。皆様のおかげで有意義な展覧会になりました。ご高覧賜りましたことを感謝申し上げます。

               

 

教室の様子や教室の方々の作品などは神宮外苑絵画館日本画教室   作品紹介」に掲載いたしました。 ご覧になって ご参考になさって下さい。

前本利彦の作品などをご紹介するブログ 日本画の杜」も合わせてご覧下さい。

 

 

                                     

            f:id:nihonga:20160402195348j:plain 講師:前本利彦 (無所属)

 

                  略歴:1948年  北海道生まれ

                          1974年 多摩美術大学大学院日本画科卒業

                          1980年 神奈川県展大賞受賞

                          1984年 セントラル美術館日本画大賞展 招待出品 優秀賞受賞

                          1985年 セントラル美術館裸婦大賞展 招待出品 優秀賞受賞

                          1993年 個展「LA MODA ルチアーノ ソプラーニを描く」オンワードギャラリー)       

                          1995年 個展「聖 風景」(成川美術館)  1996年 個展「微風」(日本橋三越        

                          2000年 高野山蓮華院障壁画制作    2001年 個展「千草百草」(成川美術館

                          2004年 個展「花の朝」(成川美術館) 2012年 個展「百花繚乱」(成川美術館

                          2015年 個展「移り行く季」(日本橋三越

                                     2015年 個展「透明な花の輝き」(成川美術館

 

                                                                                    山梨県北杜市在住   

    現在は八ヶ岳南麓のアトリエで制作を続けています。前本利彦の作品や人となり

   日本画のあれこれなどを綴った ブログ「日本画の杜」をご覧になってみて下さ

   い。第十七章・第十八章では「前本利彦の人物画」を特集致しました。    

          

   

 

                  

 

                    

作品紹介 2019・5

5月の教室から完成作品をご紹介致します。講師の寸評も合わせてご覧ください。

 

🌹 木曜日クラス

 

 

 

 

f:id:nihonga:20190610194312j:plain

                                 小林Cさん

 

小林Cさんのこの絵は随分苦労して ほぼ一年掛かって完成しました。ここのところ何点か良い絵が続いていましたが その中でも今回の絵は充実した傑作だと思います。

苦労した分が絵の厚味となって しみじみとした味わいが感じられる絵になりました。小林Cさんは「童話の絵のようになってしまって」と謙遜していましたが 説明ではない想いが表れていると思います。

 

 

 

 

 

 

f:id:nihonga:20190610195303j:plain

                                 鈴木Yさん

 

鈴木Yさんは今回は二点仕上がりました。どちらも十号程で 次々と精力的に描いています。それでも早描きの安易さはなく 一点一点念入りに描き込まれた厚みのある絵です。柿 ブドウなどの秋の静物は 秋らしく落ち着い色あいが 秋を切り取ったような情景に上手く描かれています。

 

 

f:id:nihonga:20190610202142j:plain

                                鈴木Yさん

 

白い寒牡丹は 奈良の風景なのか 塔のある背景に寒牡丹が白く浮き上がるように描かれています。通俗的になりがちな図柄を 背景を落とした墨の効果と 牡丹の胡粉の白で通俗に陥らない表現が出来ました。

 

 

 

 

 

f:id:nihonga:20190610200700j:plain

                                 松本さん

 

友達にあげると言っていた4号くらいの小さな花束の絵ですが 淡く 優しく描かれています。松本さんは技術も少しずつ上達して来ており 自分が描きたい絵の方向もはっきり持っています。静かに優しく コツコツと着実に前に進む姿勢は 絵を描く事 生きる事の一つの理想のように感じます。これからどんな絵が出来るのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

f:id:nihonga:20190610201414j:plain

                                 深山さん

 

深山さんの今回の絵は都会の景色を背景に 活き活きとしたキャリアウーマン風の女性像を深山さんらしい 淡い美しい色彩で描かれています。

若い頃 キャリアウーマンとして活躍していた頃を偲ぶ想いが込められていると思います。その清々しい情感がこちらにも暖かく伝わって来ます。

 

 

 

 

 

                🌹 🌹🌹

 

作品紹介 2019・4

  4月の教室から 完成作品を中心に講師の寸評を添えてご紹介致します。

 

 

🌳 日曜クラス

 

 

 

 

f:id:nihonga:20190501131335j:plain

                                 小山さん

 

小山さんは教室の中でもユニークな存在で 本当に絵の好きな人です。次々とたくさんの絵が出来るのですが 作品紹介にはあまり載っていません。人に見せるよりも 自分が描く事が楽しく 出来た端から家に持って帰ってしまいます。今回 ようやく写真を撮らせてくれました。玉三郎の鷺娘の写真を見ながら描きました。周りの蝶は想像のようです。蝶が舞い 鷺娘も確かに妖艶に舞う世界が出来ました。

 

 

 

 

 

f:id:nihonga:20190501184537j:plain

                                  小林さん 

 

小林さんはボタニカルアートの専門家です。日本画の技術を知り 自分の絵の幅を広げて行きたいと言う思いで学んでいます。今回の作品は 日本画の岩絵の具を使って描いた初めての作品です。今まで身につけてきたボタニカルアートの方法と 勝手の違う岩絵の具の融合に苦労しているようです。進歩のためにはどうしても葛藤を経て行かなければなりません。その努力を惜しまない姿勢に感心します。

 

 

 

 

 

f:id:nihonga:20190501131611j:plain

                                  後藤さん

後藤さんは入会してから 丁度一年が経ちました。鉛筆の素描から始め 岩絵の具を使い出して 一作目の作品が出来ました。かなり手の込んだ図柄ですが 根気よく辛抱して出来た一作目です。苦労して 思いが形になる喜びを味わう事が出来たと思います。

日本画は簡単ではありませんが 勉強を積むことにより間違いなく本当に美しいものを知って行く事が出来る道です。これからの進歩を願っています。

 

 

 

 

 

 

                                                       🍃 🍃🍃
   

 

作品紹介 2019・3

三月の教室から完成作品を 講師の寸評を添えてご紹介致します。

 

🌸 日曜クラス

 

 

f:id:nihonga:20190410154500j:plain

                              齋藤Aさん

 

教室で描くには大きめの 20号の作品はなかなか気の入った力作です。沈んだ配色が 海の重さ 深さ 広さを感じさせます。それに加えて光の表現に苦労の跡を感じます。

難しいモチーフに正面から真摯に取り組んだ姿勢は 今後の成長に必ず活かされて来るでしょう。

 

 

 

f:id:nihonga:20190410155302j:plain

                              小林Aさん

 

今回は箔を貼る練習をしましたが 小林Aさんは銀箔を選び 銀箔地に柿と梨を描きました。黒地に茶の線の入った皿の上に 朱と黄緑の果実が置かれた配色の綺麗な作品が出来ました。岩絵の具の発色と 丁寧な技術に気を配り これからも端正な絵を磨いて行って欲しいと思っています。

 

 

 

 

🌸 土曜日クラス

 

 

 

f:id:nihonga:20190410160407j:plain

                             伊賀さん

 

岩絵の具を使って描いた初めての作品です。初めて描く絵にしてはかなり手の込んだ 困難なモチーフでしたが 飽きることなく熱心に取り組みました。日本画は根気の要る手仕事なので 粘り強さが必要です。伊賀さんは 日本画を描く気質を持っていると思いますのでこれからの上達を楽しみに思っています。

 

 

 

 

f:id:nihonga:20190410161129j:plain

                                堀内さん

 

堀内さんも 岩絵の具を使い始めて一作目の作品です。柔らかい発色の 清潔感のある清々しい作品です。これからも岩絵の具の美しさを知り 身に付けながら 自然物に対する想いと それを絵にする技術を勉強して行って欲しいと願っています。

 

 

 

 

 

 

                   🌸 

 

 

 

 

 

作品紹介 2019・2

教室の方々の作品をご紹介致します。十一月末から十二月初旬にかけて世田谷美術館での美術展以後 完成作品がございませんでしたので暫くお休みいたしました。今回は二点の作品が完成いたしましたので 講師の寸評を添えてご紹介させて頂きました。

 

 

🌼 土曜日クラス

 

 

f:id:nihonga:20190309200005j:plain

                                  天野Kさん

 

天野Kさんの作品はいつも独自の感性があり 楽しませてくれます。今回も 海の祭を描いた絵ですが 喧騒が聞こえて来るようなリアリティを感じます。海や空の感じや 天野さんが祭を楽しんでいる様子に実感が籠っています。そうした感性を 根気良く絵に表現して行って欲しいと思っています。

 

 

 

f:id:nihonga:20190309200921j:plain

                                    吉岡さん

 

ご本人が「人生初の日本画」とおっしゃる通り 岩絵の具を使って始めて描いた作品です。岩絵の具の発色が大変綺麗で 澄んだ爽やかさを感じます。形も屈託の無いおおらかさがあります。少しずつ技術を身に付けて行き この資質が良い方向に実って行く事を願っています。

 

 

 

 

 

 

                🌸🌸🌸🌸🌸

作品紹介 2018・11

     11月の教室から完成作品を講師の寸評を添えてご紹介致します

 

 

⚘ 木曜日クラス

 

 

 

f:id:nihonga:20181212203806j:plain

                                 大西さん

 

近所の白ツメ草が咲いている野原を描いたとの事ですが 平面に図形のように色が散りばめられた形は いつもの大西さんの形です。デザイン感覚でありながら最近は それにリアリティやモチーフに対する愛情も増して来たように思います。この形がより洗練され 絵画性が増してくることを期待しています。

 

 

 

 

             

           f:id:nihonga:20181212204125j:plain

                 村上さん

 

縦長の画面に 上に上に延びるように花が描かれています。いつもの村上さんの絵にしては この作品は何度も塗り込んでおりボカシを多用しています。一番上の白いユリの

蕾が主題を意味しているようです。様々な方法を模索しながら描いていますが持っている良い感覚がどのような形になって行くのか 見守りたいと思っています。

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181212204043j:plain

                               川俣さん

 

小さな菊がポツンと真ん中に描かれています。色彩がとても綺麗で 背景の水色 花の黄色 葉の緑が丁度よくマッチして爽やかです。花と空間のバランスも申し分なく勘の良さを感じます。背景の花の上の白く絵の具が擦れて乗らないところが雲のようになり のどかで伸びやかな気持の良い絵になりました。

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181212204008j:plain

                                鈴木Yさん

 

鈴木さんは努力家で多作なので 次々と作品が出来ます。鈴木さんにしては乙女チックな花束ですが いつも苦労しながらも最終的には作品としてまとめていますまとめています。この作品が出来た時 もう少し花の表情が出ればと言いましたが これだけ沢山描いていればやがて花の表情も出てくると思います。練習とは言えど 自分が見て魅かれる花を描いて行くと良いと思います。

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181212203859j:plain

                               白尾さん

 

白尾さんの一つのスタイルが出来かかっている作品ですが この方向がどう進んで行くか見守りたいと思っています。苦労して出来たスタイルですから間違いなく白尾さんのものなのでこれを磨いて行って欲しいと思います。「型を作って型にこだわらず」というのはもっと難しい事だと思いますが 初心を忘れず進んで行く事を願っています。

 

 

 

 

 

⚘ 土曜日クラス

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181212204238j:plain

                                天野Kさん

 

身近な玩具を親しみを持って描いた作品です。天野Kさんの絵は 目に触れる物に優しい愛情があり それが独特の味になっているように思います。俳句をなさっていると伺いましたが まさに俳句的な暖かなユーモアを感じます。絵の具に慣れ 持ち味を充分発揮出来るようになることを願っています。

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181212204154j:plain

                            柳澤さん

 

芍薬を熱心に描いています。絵の表現方法に関心があり 絵の具 筆の扱い方を考えながら 慎重に描いた作品です。ご本人も ”何か物足りない”と言っていましたが方法だけでは描けないのが絵の難しいところで 本人もそれを感じていますので枚数を重ねることによって柳澤さんの良さが絵に表れてくると思います。

 

 

 

 

⚘ 日曜日クラス

 

 

f:id:nihonga:20181212204321j:plain

                                柴田さん

 

前回も載せましたが 展覧会に出すために少し描き込み落款も押し 完成させました。一点一点 ともかくも完成させる事がとても重要なことで必ず次に繋がるものを得ていると思います。

 

 

 

 

 

⚘ 世田谷美術館の展覧会が無事に終えることが出来ました。出品なさって下さいました皆様 運営係の皆様 お当番をお引き受け下さった方々 お忙しい中誠に有難う存じました。

 

 

f:id:nihonga:20181219212424j:plain

      最終日 和やかに懇親会が開催され展覧会は終了致しました。

 

 

 

 

 

 

 

                ⚘  ⚘⚘⚘

                                

作品紹介 2018・10

十月の教室から完成作品を講師の寸評を添えてご紹介致します

 

 

🍁土曜日クラス 

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181106165723j:plain

                                  大場さん

 

大場さんは長く日本画を描いており 確かな自分のスタイルを持っています。それは 自分の資質に基づいた間違いのないものだと思います。このスタイルを良い方向に磨いて行く事 それには何が必要か 私も応援しますが自分でも考えて行って欲しいと思います。

 

 

 

f:id:nihonga:20181106165802j:plain

                                 古田さん

 

以前にも書きましたが 古田さんの良いところは 何が描きたいか確かなイメージがあることです。それに向かって技術を覚えようとする意欲があることです。今回の作品も技術の進歩が見られ 菊の花の描写が良いと思います。まだ頭でこしらえたイメージが先行するので 観念的なところを感じますが少しずつ 目で見て感じる実感から出るイメージが入るともっと絵が確かになってくると思います。

 

 

 

f:id:nihonga:20181106170151j:plain

                      水野さん

 

岩絵の具を使い始めて一枚目の完成作品ですが 水野さんの気質が良く表れた絵だと思います。清浄で繊細な気質を 素直に磨いて行ければとても良い絵が描けると思います。少しずつ前に進んで下さい。
   

 

 

 

🍁日曜日クラス

 

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181106170253j:plain

                                  柴田さん

 

柴田さんも長く日本画を描いていますが ここのところの二・三点は 以前描いていたスタイルと変わって来ました。もともと感覚的な 色感の良いタイプですが モノクロームに近い作品が多くなりました。それでも 色感の良さはよく出ていると思います。今のスタイルが大分板について来ましたので 次の作品を楽しみにしています。

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181106170323j:plain

                               真篠さん

 

今回の作品は始めて箔の貼り方を学びました。作品としては構図が良く 写生の良さが生きて来ました。花の表現も 胡粉の使い方が上達して来ており箔の下地と相俟って風情を感じます。写生を基本に 絵の具を使う技術も順調に 段階を追って進歩していると思います。

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181106170359j:plain

                               黒瀬さん

 

黒瀬さんも箔の貼り方を学び作品にしました。ドーサの掛け方が悪く 箔が黒っぽくな

ってしまいましたが 結果的にはそれが花を映えさせ絵を面白くしました。花の描写は黒瀬さんらしい思いきりの良さが絵を活き活きとさせています。

 

 

 

🍁木曜日クラス

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181106170543j:plain

                                新井さん

 

新井さんも初心者として花の鉛筆デッサンから始め 段階を追って順調に進歩して来ました。基本的な描写を身に付けることが 今後生きて来てどんな形で自分の創作に繋がって行くかとても楽しみです。

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181106170624j:plain

                                 吉永さん

 

今回の吉永さんの作品は揉み紙の上にツワブキを描きましたが 揉み紙の上に絵の具を乗せるのは なかなか苦労しました。小品ですが 構図も吉永さんらしく工夫し 相変わらず色彩の良さを発揮していると思います。

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181106170734j:plain

f:id:nihonga:20181106170704j:plain

f:id:nihonga:20181106170809j:plain

                                丸山さん 

 

丸山さんは三点の完成作品ですが どれもそれぞれ良く描けており 絵の上手さを持っている 素養を感じます。三点ともはっきりと力強く これも丸山さんの資質にある物です。造形感覚が良く それが頭で作ったものでは無く 気持ちから出た形なので より絵の豊かさになっています。

 

 

 

 

 

       ⁂ 三人展のお知らせ

 

当教室で日本画を学んでおられる 澤部さん・福島さん・齋藤さん の三人展が開催されて居ります。ご高覧いただければ幸いです。

 

 

f:id:nihonga:20181114183012j:plain

f:id:nihonga:20181114183040j:plain

 

f:id:nihonga:20181114183221j:plain

  f:id:nihonga:20181114183251j:plain

 

 

 

 

   ⁂ 神宮外苑絵画館日本画教室展のお知らせ

 

予てからお知らせいたして居りました 当日本画教室の方々の作品を 世田谷美術館にて展示致します。ご高覧賜ります様 一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

f:id:nihonga:20181107144154j:plain

f:id:nihonga:20181107144236j:plain


                   🍁