読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神宮外苑絵画館日本画教室

東京新宿区、神宮外苑絵画館日本画教室のブログです。伝統的な日本画の技術を学びながら、よりよい絵に近づけるよう制作をしています。初心者はデッサンから日本画の基礎を学べます。絵を描く喜びを感じていただければ幸いです。初心者クラスも開設。受講生募集中。講師:前本利彦

花を華やかに描く

f:id:maemotonihonga:20120422142724j:image

             

                 f:id:nihonga:20170104171402j:plain

 

ちょっと以前のお教室の様子をば。

こちらは構図の相談中。薔薇のデッサンを元に大下図を作ったのを、先生に見てもらってました。

「上の方の薔薇のつぼみの配置が絶妙ですね。すごくいい。薔薇の開いている花が右の方に割とかたまっていて、それと対抗するというか、支えられるように、左側につぼみが欲しい。だからこのつぼみを今の位置から5mmほど右にずらすといいと思う。」

5mm。。。それで絵が変わるんですよね。構図大事!

f:id:maemotonihonga:20120422110411j:image



f:id:maemotonihonga:20120422103854j:image

こちらは骨描き。墨は濃い目にすってから、水で薄める。試し書きをして、思い通りの濃さになっているかチェックします。乾くと色が薄くなるので注意~。

「線は、すうっと筆が入ってすうっと抜くように引く。線を継ぐ時もそんな感じに。必ずデッサンを見ながら、確かめながら描こうね」

 

 

 

 

f:id:maemotonihonga:20120422151812j:image

f:id:maemotonihonga:20120422151843j:image

こちらは果敢に芍薬デッサン! とっても綺麗な花だったので、みんなで「今のうちにしっかりデッサンしといて、絶対本画にしてね! デッサンさえあれば後でも描けるから!!」と日本画初めての方に勝手な注文をしてみたり(笑)。本当に素敵な色で雰囲気のよい花でした。モデルになってくれる花との出会いも大事ですね。。。

花のボリューム感が出るよう、先生自らが色鉛筆で描いて見せてくださいました。

「花のまん中あたり、奥まった所の色を思いっきり濃くして(濃いピンク色)。おしべは実際より多く描いて。絵だから、感じを出すために変えてもいい。黄色はおしべだけじゃなくてその周りにもかけるように塗って。そうすると柔らかい感じになるし、豪華になるよ。花の広がる感じも出ます。これはどの花でもだいたいそうかな。めしべの先の色も思いっきり強い色で描く。描きっぱなしにしないで、周りにもその色をかけて。周りに同じ色をかけることで柔らかい表現になります。おしべも同じことだね。」

絵だからこそのアレンジ。華やかに描く裏ワザ?みたいで興味深いですね。今度花を描くときに試してみようっと。