神宮外苑絵画館日本画教室

東京新宿区、神宮外苑絵画館日本画教室のブログです。伝統的な日本画の技術を学びながら、よりよい絵に近づけるよう制作をしています。初心者はデッサンから日本画の基礎を学べます。絵を描く喜びを感じていただければ幸いです。初心者クラスも開設。受講生募集中。講師:前本利彦

神宮外苑絵画館日本画教室 作品紹介 2017・6

    六月の教室から 完成作品をご紹介致します。

 

日曜日クラス

 

 

       f:id:nihonga:20170705202155j:plain

                                 蔵座さん

 

 鷺草を自分なりに感じ取った 実感が感じられます。絵にする前にイメージがはっきり浮かんでいたのでしょう。そのイメージを絵の形にする技術も 優れていると思います。構図も 白く浮遊する鷺草一つ一つの形も申し分ありません。鷺が飛んでいるような印象がよく表されています。

 交り気のない素直な気持ちと技術が伴った良い絵だと思います。

 

 

 

木曜日クラス

 

 

 

       f:id:nihonga:20170705203414j:plain

                                 飛永さん

 

 暗い群青の背景に蛍袋が描かれています。蛍袋に 蛍のイメージを重ねたのでしょうか。花の白い部分が 蛍の光に感じられます。葉をやや薄い黒群青にしたのが良かったと思います。

 薄暗闇の空気が感じられます。絵の具を薄塗にする技術を身に付けてゆくようにすれば 更にこの花の持つ儚さのような雰囲気が表現出来るようになると思います。

 

 

 

 

 

 

  f:id:nihonga:20170705204336j:plain

                               澤辺さん

 

 ポーズを取った女性像に 花を飛ばした作品です。画面右から左へ斜めに伸ばした腕と 逆の方向に伸ばした足とが 柔らかく穏やかな画面に緊張感を持たせ 同時に画面を大きく おおらかにしているのです。それに加え 花束の中で正面を向いた罌粟が画面を引き締めアクセントになっています。構図感覚の良さを感じさせる作品です。欲を

言えば 顔の表情のリアリティにもう少し突っ込んだものがあれば良かったと思いました。

 

 

 

 

                  💐

 

 

 

 

f:id:nihonga:20170705210227j:plain

 

                六月の明治神宮

 

 

 

 

 

 

              🌂