神宮外苑絵画館日本画教室

東京新宿区、神宮外苑絵画館日本画教室のブログです。伝統的な日本画の技術を学びながら、よりよい絵に近づけるよう制作をしています。初心者はデッサンから日本画の基礎を学べます。絵を描く喜びを感じていただければ幸いです。初心者クラスも開設。受講生募集中。講師:前本利彦

作品紹介 2018・9

   9月の教室から完成作品を講師の寸評を添えてご紹介致します

 

❍ 木曜日クラス

 

 

f:id:nihonga:20181018200148j:plain

                                 松本さん

 

今回の作品は 今迄の松本さんの絵の中でも傑作の一つではないでしょうか。

松本さんの優しい 哀感を持った人柄が充分こちらに伝わって来ます。

絵の具の美しさも発揮され 技術も素直でてらいが無く とても良いと思います。

正直に 素直に 勇気を持って 日本画を学んで行って下さい。

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181018200848j:plain

                                 大橋さん

 

大橋さんはこの教室で日本画の素描から始め 岩絵の具の使い方を覚え 日本画の方法を身につけて行っています。この作品は特に 白い百合を胡粉を使って表現する 胡粉の使い方を学びました。葉の色の変化で空間を作り 花瓶もわずかな色の変化で 丸みや磁器の質感も感じさせようと工夫しながら描きました。このように 日本画の基礎を身体に染みこませていくことが大切に思います。

 

 

 

 

f:id:nihonga:20181018201827j:plain

                                 上原さん

 

上原さんの作品の特徴は タップリとした豊かな資質を持っていることだと思います。構図も絵の具の扱いも伸びやかです。今回の絵では 特に椿の花が瑞々しく匂うように描けました。今後もあまり型にはまらず おおらかにかんじたように描いて行ってほしいと思います。どんな絵が出来てくるかとても楽しみです。

 

 

 

 

 

                 🍂